カテゴリ:パソコン関係( 73 )

Soundカードのドライバ
Windows 98SE にするついでに、Soundドライバも更新したら、
今までmp3を聞きながらネット配信の音声などが聞けなかったのが聞けるようになった。o(≧∇≦)o

使っているSoundカード?ボード?は、
Creative社のVIBRA™128というやつで日本のサイトにはドライバはなかったのだけど、アメリカのサイトにはコレのドライバをまだ配布してあったのでダウンロードして入れてみたら、同時に音を奏でられるようになった。

今見たら、消えていた…。
それともSoundカードに使われているチップ名で検索したんだっけ?




いつか書こうと思っていたけど書くきっかけがなかったのですが、ある程度、覚えているうちに書くことにしました。
[PR]

by arigayas | 2006-07-29 01:13 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
2006年下半期のToDoリスト
2006/07/15
1. 数年前に買ったカンタン! Delphi プログラミング [本]を一通りやる
2. FreeBSD 6.X をインストール
3. USB接続の3.5インチのハードディスク用ケースを買う。
[PR]

by arigayas | 2006-07-15 00:16 | パソコン関係 | Trackback(2) | Comments(0)
Win 98SE のチューニング
Windows 再起動後、開いていたフォルダが閉じてしまいます
ネットワークカードを入れたら起動するとき1分くらい止まります 念のために


パッチ
「共有レベルのアクセス制限パスワード」 の脆弱性に対する対策


下記は、ウィンドウズスタート(休刊になってしまった)
ウィンドウズスタートの特別編集ムックより

No.5 - p53
ファイルを操作するエクスプローラを起動させたときに開くフォルダを指定する方法(Win98での話)
例えば、C:\net というフォルダを常に最初に開きたい場合、
[スタート]→[プログラム]→[エクスプローラー]を右クリック→プロパティ→(ショートカットタブの)リンク先に
C:\WINDOWS\EXPLORER.EXEとなっているのを
C:\WINDOWS\EXPLORER.EXE C:\net,/e と打ち込むと
この[スタート]→[プログラム]→[エクスプローラー]で開くときは常にC:\net のフォルダが開かれるようになります。

No.5 - p68
IME 2000の変換のタイミングを変更 (レジストリを使うので載せません)
1200を500に変更。

No.5 - p79
CD-ROMドライブのオートプレイをさせないようにする。
デスクトップにあるマイコンピュータを右クリック→プロパティ→
システムのプロパティのデバイスマネージャのタブ→
CD-ROMを開いて製品名を選択して右クリックプロパティ→
設定タブを選択してオプションの挿入の自動通知のチェックをはずす。
OKを押して再起動。
XP の場合、CD-ROM ドライブのプロパティでも設定できます。

No.5 - p122
Win98用デフラグツールをチューンアップする
Microsoftにある関連項目

No.8 - p47 にも記載。
CPUの切り替え時間(タイムスライス)を短くして動作を俊敏にする

No.8 - p136
IRQに割り当てるバッファサイズを指定する(例えばLANカードに指定する)
デスクトップにあるマイコンピュータを右クリック→プロパティ→
システムのプロパティのデバイスマネージャのタブ→
ネットワークアダプタを開いて製品名を選択して右クリックプロパティ→
リソースタブ→割り込み要求にある数字(Q)を目盛って
SYSEDITを起動させてSystem.iniを開きます。
[386Enh] という項目の最後の行に
IRQA=4096と追加して、上書き保存してパソコンを再起動。

No.9 - p64
使用しないDLLをメモリ内から削除する(レジストリを使うので載せません)

(レジストリを使うので載せません)と書いたもので知りたいものがあった場合コメントをください。

あとはゾーンアラームを入れるだけだ。

ZA
[PR]

by arigayas | 2006-07-13 17:17 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
Win 98SE のクリーンインスト ほぼ終わり
あとはアンチウィルスソフトのインストールとチューニングだ。

Windows.FAQ - ウィンドウズ処方箋を参考にして、すでに多少のチューニングをした。

例えば、
Windows98/Me を高速化したり、起動時間を短縮できますか?
  • アニメーションの禁止
  • メニュー表示の遅延時間短縮
  • NameCache、PathCache サイズの最適化
  • フロッピードライブの検索を省略
  • 不要なスタートアップ項目の削除 (自分で不要だと思うモノのチェックをはずした)
  • 不要なファイルシステムをロードしない (DVDを搭載していないので実行)
とか
ファイルシステムのキャッシュを指定する
スタートメニューから「最近使ったファイル」などを消す
タスクスケジューラを停止
Windows9x/Me 起動時のパスワード入力をなくす

家にあるWindows本などを参考に
[PR]

by arigayas | 2006-07-09 01:59 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
Windows 98SEをクリーンインストール中
ソフトを入れている途中…

すべて入れ終わったら、父のパソコンに転送してCD-Rに焼くつもり。
[PR]

by arigayas | 2006-07-05 02:12 | パソコン関係 | Trackback | Comments(2)
バックアップすべきファイルって何がある?
ある人に頼んでおいたCD-ROMをインストールしてみたら
何度やってもうまく行かない(;´д⊂) *
Win98をクリーンインストールするハメになりそうだ。

某IRCで
バックアップすべきファイルって何かありますかね?(ユーザー辞書しか思いつかなかった)
と聞いたところ、
ブックマーク、メールデータ、写真、作ったファイルぐらい?という助言をいただいた。

作ったファイルで思いついたのが、ヤフーメッセのログ。
オイラは記憶力に自信がないので、ヤフーメッセのログはなるべく保存するようにしてある。

作ったファイル:デスクトップ上のデータ1GB近く_| ̄|○

* エラー内容
[PR]

by arigayas | 2006-07-01 18:45 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
今使っているデスクトップパソコン
ドライブ類は、
FDDが1つ、HDDが4つ、CD-ROMドライブ。

PCIに
が刺さっている。

これからパソコンケースから出ているHDDを中に入れるぞ。
[PR]

by arigayas | 2006-06-25 16:44 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
2006年上半期のToDoリスト
2006/04/22 01:16
Beyond City 研究所を総HTML4.01 Strict化 あと30ファイル
Win98、BeOSをサブハードディスクにインスト

OSASK.jp のTOPをHTML4.01 Strict化してみたものをどこかにUPする。


(2006/06/17 00:43追加 + 日時変更)
Win用のFreeな学習する漢字変換ソフトを検索


2006/05/25
Beyond City 研究所を総HTML4.01 Strict化完了

2006/06/15
Win98、BeOSをサブハードディスクにインスト
Win98のインストールは不要に(喜)>KNOPPIXのおかげ

2006/06/25
BeOSをサブハードディスクにインスト
詳しくはこちら
[PR]

by arigayas | 2006-06-25 14:51 | パソコン関係 | Trackback(1) | Comments(0)
BeOS 5 Personal のインストール (BeOS その3)
BeOS R5 PE を実パーテーションにインストールする方法を参考にして
Application > Installer を起動して英語と格闘しながら、BeOSをインストールした。

Installer が FAT32 パーテーションを BFS パーテーションにしてくれるとは思わず、小1時間検索してしまった_| ̄|○

Bootman の設定はドキドキしながら設定した。
もちろん、こっちも英語と格闘しながらだった。
これでフロッピーから起動しなくてすむようになって起動時間がかなり短縮された。
1分近くから10秒!近くに。
Win98でも40秒ぐらい。


Haikuにしようと思っていたけど、BeOSに詳しい方にIRCで聞いたら、まだ開発中で未完成ですよ?といわれたのでベータかRCをリリースした後にインストールする事に変更。
[PR]

by arigayas | 2006-06-25 03:25 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
OSASKをハードディスクに置いてみた。
新しいハードディスクとメモリに書いた父が会社からもらってきた3.2GBのHDDを開封し、Win98の起動ディスクを使って
FDISK で FAT16 モード*にしてサイズを100MBに指定(したら102MBになったけど)してフォーマット。(作った領域をOSASK領域とする。)
Win98を起動させてデフラグをするも、5秒もしないうちに終わる。

OSASK/Downloadから OSASK/AT ver.4.7 の簡単おすすめパック[osat47i.lzh]をダウンロードしてデスクトップとか適当に解凍する。

解凍したフォルダと同じフォルダに適当な短い名前のバッチファイル(.bat ファイル)を作る。
imgtol e osaimgat.bin fdimage0.bin 1440
↑これを作った .bat ファイルに保存してダブルクリック。
そして作成されたfdimage0.binを OSASK領域にコピペ。OSASKをインストールしてあるフロッピーをFDDに入れてパソコンを再起動。

OSASKが起動したら、Ctrl + C キーでコンソール?を起動させて
drvata 1と打ち込んで実行したら、HDDで動きました。(喜)

でも、

その後
[PR]

by arigayas | 2006-06-24 19:29 | パソコン関係 | Trackback(1) | Comments(0)