XAMPP for Windows を入れてみた
自分のパソコンにWeb開発環境を手軽に入れたいという人向けのソフト

http://www.apachefriends.org/jp/xampp.html からダウンロード。

ダウンロードしたファイルをCドライブの直下(c:¥)に展開(解凍)する。

先にApacheを入れていたのでApacheがサービスで動いているのを殺して(*1)から
¥xampp¥apache_start.batをダブルクリック。
起動途中でエラーになったら、httpd.conf のパスがおかしくないかチェック。

たとえば、Cドライブの直下に展開(解凍)したはずなのに、
c:¥xampp165¥xampp
になっているとか、
その場合は、xampp165フォルダからCドライブの直下に移動すればOKなはず。
修正したら、¥xampp¥apache_stop.batをダブルクリックしてApacheを止めて、¥xampp¥apache_start.batをダブルクリックしてApacheを起動。

ブラウザのURL欄にhttp://127.0.0.1/、もしくはhttp://localhost/入力してみます。
b0003577_23582485.jpg

うまくいけば上の画面が出ます。

Apache¥logsフォルダにあるerror.logが0kbじゃなければ、
この際、エラーをつぶしましょう。
php.ini関連のエラーだったら、¥xampp¥apache¥bin¥php.iniを編集するといいかも。

*1 =
「コントロールパネル>管理ツール>サービス」でApacheが"開始"状態なら、
"サービスの停止"をクリック。
[PR]

by arigayas | 2008-01-14 23:44 | パソコン関係 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/7939059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arigayas at 2008-02-03 00:46
MySQLの起動や操作の方法がわからないからどうやれば良いんだろう?
<< T-Cube 手のひらサイズパソコン FreeBSD Firefox... >>