[Windows] Vista に Apache を入れてみた。 [濃い話]
[apache vista]で検索して見つけたページを参考(アドレス)にして、Cドライブに入れると問題があるらしいので、Dドライブにインストール。
まったく問題なく完了。


試しにApacheをインストールしたこのパソコンでHTMLファイル(ホームページ用のファイル)をHTML作成ソフトで書いてApacheをインストールしたDドライブのフォルダに保存しようしたが、Dドライブには、Apache と言う名前のフォルダが無かった。
つまり、インストールされていなかった。

どこにインストールされていたのかというと、デフォルト(初期値)のところ。つまり、
C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2
だった。

で、先ほど作ったHTMLファイルを
C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs
に保存してURL欄にアドレスを打ち込んでEnterキーを押すと、
作ったHTMLファイルの内容が表示される

はずなのだが、表示されずに
==
Not Found

The requested URL /test.html was not found on this server.
==
となってしまった。

"なぜだろう?"と思って、Google先生に "vista 保存できない" という言葉を投げかけてみた。

しっくりくる答えをもらえなかったので再度、Google先生に "vista 保存場所" という言葉を投げかけてみた。

そうしたら、以下のようなページを答えてくれた。

----- 引用開始 -----
http://www.digitalstage.jp/support/archives/2007/01/vista.html
■ データの保存先

Windows Vistaではユーザーアカウント制御(UAC)が有効になっている場合、OSの仕様上、Program Filesフォルダ内に書き込みができないため、作成されたフォトシネマ、取り込んだ写真や音楽のデータは自動的に以下の場所に保存されます。
バックアップを取る際や、再インストールの際にはご注意下さい。

Cドライブ>ユーザー>“ログイン名”>AppData>Local>VirtualStore>Program Files>digitalstage>LiFE2
----- 引用終了 -----

普通に起動したソフトで、(Cドライブの)\Program Files 以下に保存しようとすると以下のところに飛ばされるというみたいだ。

Cドライブ>ユーザー>“ログイン名”>AppData>Local>VirtualStore>Program Files>[ソフトウェア会社・団体名]
に保存されているということになる。つまり、

C:\Users\“ログイン名”\AppData\Local\VirtualStore\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs
に保存されていた。

そうなるなら、試しにHTML作成ソフトを右クリックして
"管理者として実行"を選んで起動させてHTMLファイルを保存してみるとどうなるかやってみたら、
見事に
C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs
に保存されていた。

ということは、再度URL欄にアドレスを打ち込んでEnterキーを押すと、
作ったHTMLファイルの内容が表示された。
[PR]

by arigayas | 2008-01-06 23:39 | Soft | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/7908607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< FreeBSD Firefox... エアコン [父購入] >>