BeOS 5 Personal のインストール (BeOS その3)
BeOS R5 PE を実パーテーションにインストールする方法を参考にして
Application > Installer を起動して英語と格闘しながら、BeOSをインストールした。

Installer が FAT32 パーテーションを BFS パーテーションにしてくれるとは思わず、小1時間検索してしまった_| ̄|○

Bootman の設定はドキドキしながら設定した。
もちろん、こっちも英語と格闘しながらだった。
これでフロッピーから起動しなくてすむようになって起動時間がかなり短縮された。
1分近くから10秒!近くに。
Win98でも40秒ぐらい。


Haikuにしようと思っていたけど、BeOSに詳しい方にIRCで聞いたら、まだ開発中で未完成ですよ?といわれたのでベータかRCをリリースした後にインストールする事に変更。
[PR]

by arigayas | 2006-06-25 03:25 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/5106137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2006年上半期のToDoリスト OSASKをハードディスクに置... >>