洗濯機。
2005年09月14日の夜9時ごろ?に洗濯機が故障した。

もの凄い大きないびきのような音がするので、音がする方へ行くと洗濯機から音が出ている。
なので洗濯機の蓋を開けてみると、洗濯物が空回りしている。

そして、電気屋さんに電話。

翌15日の朝一番に、修理が可能かどうか見に来た。(以下母から聞き伝え)
「たしかに午前中に来て欲しいと電話でお願いしたけど、9時頃に来るとは思わなかった。ちょうど電気屋さんが到着する1,2分前にお父さんが風呂に入ったところで、困った。だから仕方がなく次の家に行ってもらってから、お願いすることにしたの。」
そしてお父さんが会社に出て間もなく、呼び鈴のチャイムが鳴った。

家に通して洗濯機のある風呂場に連れて行って洗濯機を見るなり、
「懐かしいなぁ!!」

うちの洗濯機は、1991年製造の14年選手らしいです。
そりゃ、壊れるわな。
でも14年も壊れなかった理由は、それまでのファジィ(懐かしい)系の洗濯機はよく壊れていたらしいが、その壊れる原因を全部潰していったから丈夫な製品になったらしいです。そして大ヒット洗濯機になったらしい。

で壊れた部分は、洗濯籠の底にある洗濯物をかき回す部分で
洗濯籠のモーターとかき回す部分の接点部分が磨耗してねじ切れたらしい。
「部品交換になりますが、一年、持たなくても文句は言わないで下さい。」と念を押されたらしい。

で本日17日に、部品を交換しに来て、部品を交換。(母が修理に立ち会い)
「新たに買うなら斜めドラムの洗濯機を買おうと思うのですがどうでしょうか?」と質問をしたら、
「確かに便利なのですが、まだ発売してからそんなに年数が経っていないので問題点があるかも知れません。」とのこと。

その他に、母が洗濯機についての情報を聞いて電気屋さんは帰ってもらった。


今の所、洗濯機は問題なく動いているようです。
[PR]

by arigayas | 2005-09-17 20:37 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/3483914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Firefox 1.5b1 選挙 >>