網戸修理
網戸の張り替え作業をできるスペースが庭に無いので家の反対側にあるガレージに持っていって網戸を地面に置いて網戸の張り替えを開始。

まず、網戸を止めているゴムチューブを取り外す。
網を取り除いて、ひっくり返してゴムチューブが入っていた溝からゴミチリやホコリを落とす。
それでも網戸のすそが汚かったのでジェットな水が出るホースで洗い流す。
水が少したまっているので網戸を立てかけて水を出す。
それでも汚かったのでティッシュで拭きながら水をふき取る。



買ってきたを袋から取り出す。
を網のない網戸に乗せて広げる。
広げたを網戸のヘリに合わせて買ってきた網戸クリップで仮止めをする。
はがしたゴムチューブを買ってきたローラーではめ込む。
このローラーがものすごく便利。あるのと無いのとでは所要時間が全く変わるだろうなぁ…。無ければ、倍の時間ぐらいは
ゴムチューブをローラーで力を加えながらの、網が張るようにぐるりと
はめていき、余った網をカッターで切る。
カッターで切った網で糸が出ているのを根元のゴムチューブすれすれの所で切り取って掃除をして網戸を元に戻して作業終了。

以下感想。
1時間超ぐらいの作業時間だと思う(予想)

買ってきた余った網戸の網が活躍するのは何年後になるのだろうか?
それまでに家にあるのか少し心配ではある。

網戸クリップを開くのに少し驚いた。バネが思ったのよりもかなり硬くて。

下の書き忘れ
どの厚さか分からなかったのでツインローラーを買うことにした。
[PR]

by arigayas | 2005-06-12 19:09 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/2924906
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 10種類のカードリーダ 網戸 >>