東京国際アニメフェア2005
4月3日に東京国際アニメフェア2005に行ってきた。
初めてのビックサイト。
正門から左側の会場に行く為にしばらく歩いた。
ビックサイトって言うだけに大きいねぇ~。

入場料と同時にパンフレットを買ったのだが買って失敗と思った。
入場してすぐに会場案内が無料で配布してあって会場案内を目当てで
パンフレットを買ったので1000円損した。 _| ̄|○
損したことを家に帰ってから家族に言ったら、
「パンフレットって買う必要性あるのか?」と言われたので
「ある」と答えたら、「じゃぁ帰りに買うようにすれば良いじゃない?」と言われて納得。
次に似たことがあった時に覚えているか疑問が残るけど(汗)




入場して少し経ったら、
パフィーのアニメの上映会&ミニライブが始まった。
パフィーのアニメの上映会というのは、Hi Hi Puffy AmiYumiの本人による吹き替えで今回限り。
今後本人吹き替えで放送する予定はないそうだ。

MCで「下手ですみません」みたいなことを言っていたがそんなに違和感は感じられなかった。
ミニライブでは、3曲を歌った。
Hi Hi Puffy AmiYumiの主題歌とTeen Titans Themeの主題歌と最後にアジアの純真で終わった。
最初、、音量のでかさにビックリしたけど(苦笑)

アジアの純真で会場は一気に盛り上がった。
やっぱり、有名な曲でノリノリなら、盛り上がるわな。

目当てはアニメ制作会社のSTUDIO4℃とキャラクターグッズのコスパである。
早速見にライブが終わって直行する。
小さいブースでSTUDIO4℃が製作したかこの作品の予告編?などが流していた。
13:30から新作のパイロット版だったかな?を上映と、書いてあったのだが、
他にそんなに行くところが思いつかなかったのでそのままSTUDIO4℃の映像を見ていた。
結構な数の作品を短くまとめたものを上映していた。

新作のパイロット版は、2作品を上映。
ジーニアスパーティー/GENIUS-PARTY と
映写機人サチコ/SACHIKO(仮称;2007年完成予定)の2つ。
GENIUS-PARTYは、10人の監督によるオムニバス作品で
アニマトリクスでノウハウを手に入れてGENIUS-PARTYを作ることになったのだろうか?
外れているであろう予想はいくらでも出来るからむなしい。
映写機人サチコは森本晃司 氏 初の劇場長編監督作品らしい。
わくわくさせてくれた。ことだけ覚えている。内容を覚えていないのが残念だ。

上映が終わってコスパのブースに向かった。
欲しかったドラゴンボールのカプセルコーポレーションのTシャツは無かったので、
他のブースを見てまわることにした。
アニメのセルを販売しているところがあった、(はじめの一歩など)
帰り際にコスパのブースに戻って何か買って帰ろうと思って物色し、
レッドリボン軍のTシャツを買うか10分以上迷って買って帰ることにした。

帰りに初めて湘南新宿ラインに乗った。それだけ。
帰りに初めて餃子の王将に寄って焼き飯を食べた。美味かったけど、
冷凍の炒飯(ニチレイ:本格炒め炒飯)と同じような味がした。

疲れた。
[PR]

by arigayas | 2005-04-11 21:32 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/2425482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 560iのイエロー トンガリキッズ >>