さくらインターネットのスタンダードプランからライトプランにしても同じURLにする方法
3年ぐらいスタンダードプランを契約して毎年5000円支払ってきたけど、ちょっと最近無駄に思えてきて契約を変えることにした。
理由としては、
  1. データベース接続するようなことは、バグ管理システムのMantis(*1)を試しに入れた時以外には使ってなかった。
  2. スタンダードプランを契約した当初はライトプランでPHPが使えなかったのだけど今はPHPが使えるようになった。(*2)
  3. ライトプランのディスク容量が5GB ⇒ 10GBへ増えた。(*3)
しかし緊急入院してしまったためにスタンダードプランの支払期日の2014年1月31日を過ぎてしまった・・・。

以下本題。

さくらインターネット|レンタルサーバー
さくらインターネットの(支払期日の過ぎた)スタンダードプランからライトプランにしても同じURL(*4)を継続して使用する方法はあるか?
サポートに問い合わせてみた。
回答は可能だが、使っていたURLへのアクセスが1ヶ月以上出来ない期間が発生しても構わないなら可能かもしれないとのこと。

なぜ「可能かもしれない」と書いたかというとURLの取得は先願制のためスタンダードプランの契約が解除されて私がライトプランを契約するまでの間に元々契約していたURLを取得されてしまう可能性があるからだそうです。

さくらインターネットのサポートのページ:サービスプランを変更(移行)する には、現在のプランを契約したまま他のプランへ変更した場合には「乗り換え先のサーバに対し、現在ご利用のサーバと同じ初期ドメイン(○○○.sakura.ne.jp)は指定できません。」とあるが一度契約解除してからなら出来そう。


スタンダードプランの支払期日を過ぎて契約を変更するには、自動的に契約が解除されるまで何もしない。つまり待つしかない。
支払い催促請求のメールを無視する必要もあるようだ・・・。
  1. 支払い催促請求のメールが何度かくる→無視する。
  2. サーバから必要なデータをダウンロードしておく。
  3. サーバが停止状態になる [私の場合は、2014年2月13日]
  4. サーバのサービス提供が終了 [私の場合は、2014年3月31日。]
  5. サーバが自動的に廃止 [私の場合は、2014年4月初旬。]



(*1) : さくらインターネット の レンタルサーバーへのMantis 1.2.12のインストール : arigayas の 雑記帳
(*2) : 「さくらのレンタルサーバ ライト」におけるPHP対応のお知らせ | さくらインターネット
(*3) : 「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」ディスク容量増量のお知らせ | さくらインターネット

(*4) : この同じURLというのは、プランを契約した時に取得する初期URLのこと。
例えば、○○○.sakura.ne.jp という感じのやつです。
[PR]

by arigayas | 2014-02-10 01:00 | パソコン関係 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/22025451
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< [ニコニコ動画] ニコレポペー... 2014年1月からのアニメ >>