自転車で自爆!
図書館に行く前に富士山を見ようと思い、
海岸線にある歩道橋(坂のある)を自転車で登り、全く見られなかったので、
図書館へ行こうと思って自転車に乗って歩道橋の坂を下っていきました。




そして右折して1メートルのところで道路上にあった砂(2,3mあった)にタイヤを奪われ、
コケそうになって踏ん張るがハンドルを思いっきり切り過ぎて、コケる。

左側を強打。情けない。
(曲がる位置があと10cm右だったら…コケなかったのに)
主に左肘左腰骨の上あたりを打ち身。

起き上がる時に通りがかりのおっさんにじろりと見られた。

即、家に帰宅(14時30分頃)。
イタイ思いをしながら1時間ぐらいぼぅーとする。

晩ご飯の用意で買い物に行っていた母が帰宅。
いないはずの私がいるので「どうしたの?」と、聞かれ事情を説明し、
「バカだねぇ、これから気をつけなさいよ!」と言われながらもタクシーで医者へ。

しばらく待って左肘はレントゲン写真を撮る。
骨にひびが入っているかもと思っていたが骨に異常なし。良かった。

今日行ったお医者さんは、六十代か七十代の方で明るくてシャキシャキとした対応をするので、こっちに元気をくれてすごく頼もしい。
明日も行くことに。


だが、左肘が動かない(腫れ上がる)だけでこんなに生活が不便とは思わなかった。
特に食事。お椀とかお茶碗が持てないから最後の一口に時間がかかって仕方がない。
まだ、大きいトイレはしていないから不安だ。
[PR]

by arigayas | 2005-02-22 22:12 | 雑記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/2094506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 通院中 WinXPでのプリントスクリー... >>