Delphi XE Pro - XML ファイルを ini ファイルのように使うには? (読み込み編)
Delphi XE Pro - XML ファイルを ini ファイルのように使うには? (保存編)

保存されている XML ファイルは以下のようなXMLファイルです。
<Project1>
<Form>
<Form Name="Width">651</Form>
<Form Name="Height">338</Form>
</Form>
<Path>
<Path Name="TempSaveFolder"></Path>
</Path>
</Project1>

保存したXMLファイルをiniファイル的に読み取るソースコード:
一応書いておきますが、uses XMLIniFile XMLIntfXMLDoc を追加しておくこと。
procedure TForm1.Button2Click(Sender: TObject);
var
Root : IXMLDocument;
SettingsXML: TXMLIniFile;
int : Integer;
Str : string;
begin
Root := LoadXMLDocument(ChangeFileExt(Application.ExeName, '.xml')); // 読み込むファイル名を指定

Root.Active := True;
SettingsXML := TXmlIniFile.Create(Root.DocumentElement);

try
self.Height := SettingsXML.ReadInteger('Form', 'Width' , int );
Self.Width := SettingsXML.ReadInteger('Form', 'Height', int );
self.Caption := SettingsXML.ReadString('Path', 'TempSaveFolder', Str);
finally
SettingsXML.Free;
end;
end;


保存編で書いたソースコードも合わせて実行するとフォームサイズが変わるプログラムが出来るはずです。
[PR]

by arigayas | 2013-03-03 07:04 | Delphi Programming | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/20097466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2013年4月からのアニメ Delphi XE Pro -... >>