Delphi XE で Subversion を使う方法 その4 他のパソコンでの更新編2
開発用パソコンとは違うノートパソコン ( ThinkPad X201 Tablet ) にインストールしたDelphi XE Professional で確認にして記事を書いてます。

開発用パソコンでファイルというかフォームを1つ追加した状態のpasファイルをノートパソコンで取得してしまい、ファイルが存在しないためにエラーになってビルドができなくなっていたので追加したフォームファイルを Subversion を使って取得します。

作業前の状態


プロジェクトマネージャ でEXE ファイルを右クリックして
コンテキストメニューで [Subversion] → [更新] → [ リポジトリ ルートからの相対パス] を選択。



更新作業が開始される






しかし、プロジェクトマネージャにはファイルが増えない。


プロジェクトマネージャ でEXE ファイルを右クリックして
コンテキストメニューで [エクスプローラで表示(M)] をクリックしてエクスプローラを起動して見るとファイルが増えていることが確認できる。
なので

プロジェクトマネージャ でEXE ファイルを右クリックして
コンテキストメニューで [追加(A)] をクリック。


「プロジェクトに追加」のファイルオープンダイアログが開かれる。

ファイルを選択して「OK」ボタンを押す。

これでプロジェクトマネージャにファイルが追加されます。


しかし、このままビルドしてみると エラーになってしまうのでプロジェクトを一度保存しましょう。
保存すると問題なくビルド出来るはずです。
[PR]

by arigayas | 2011-02-19 14:02 | Delphi Programming | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/14959584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マルチアイコン作成メモ Delphi XE 標準の正規... >>