Delphi XE 標準の正規表現を使う基本がわかったかも。
たぶん、Delphi XE 標準の正規表現を使い方がわかったかも。という事でメモ。

使いたいソース(*.pasファイル)の冒頭にある interface の uses 節RegularExpressions を追加します。
Delphi 標準の正規表現のヘルプを見て使いたい関数を選びます。

例えば、IsMatch を選びます。

function IsMatch(const Input: string): Boolean; overload;
function IsMatch(const Input: string; StartPos: Integer): Boolean; overload;
class function IsMatch(const Input, Pattern: string): Boolean;overload; static;
class function IsMatch(const Input, Pattern: string; Options: TRegExOptions): Boolean; overload; static;

とあるので コレを参考にかっこの中には
 IsMatch('比較したい文字列', '正規表現') 
をそれぞれ入れます。
例えば
 IsMatch('あいうえお', 'a')
とすると False が返って来るはずなんですが
このまま書くと「未定義の識別子 'IsMatch'」のエラーになります。

このエラーを無くすために IsMatch('あいうえお', 'a')の頭に「TRegEx.("TRegEx"のすぐ後ろにピリオド)」を付ける必要があります。
つまり
 TRegEx.IsMatch('あいうえお', 'a')
とすべきなのです。



これを応用すると
  begin
if (TRegEx.IsMatch(Edit1.Text, 'a')) then
ShowMessage('OK')
else
ShowMessage('NG')
end;

てな感じのコードに出来ます。
[PR]

by arigayas | 2011-02-18 10:02 | Delphi Programming | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arigayas.exblog.jp/tb/14959575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Delphi XE で Sub... Delphi に正規表現の コ... >>